歯ブラシやフロスを変えてみる

妊娠中、とくにつわりの辛い時期には口腔内の健康を保つのが難しくなりがちです。
お口の中に何か入るだけで、えずいてしまうことがあるでしょうし、歯磨き粉の臭いに影響してつわりが生じてしまうこともあるかもしれません。
しかしだからといって歯磨きをおろそかにしてしまうと、その後の影響も大きくなりがちです。
妊婦さんは虫歯になりやすいといわれていますが、実際、妊娠の影響により虫歯になりやすい環境は多大なのです。
そのため、たとえつわりの時期でも歯磨きを含む口腔内の環境維持は欠かせないところでもあります。
ですから、歯磨きはなるべく毎日欠かさずに行ってもらいたいもの。
そんな苦しい環境にある妊婦さんでも、安心して取り組めるおすすめの歯磨き方法についてご紹介します。

磨き方の改善はつわりからくる、えずきを防止するのにとても効果的です。
普段の磨き方では、どうしてもえずいてしまい、つわりが悪化してしまうという方はぜひご参考にしてみてください。
また、歯磨きがどうしても難しい時期も生じます。
そんな時期には磨き方だけでなく、市販されるアイテムも取り入れてみることをオススメします。
アイテムの無い時代でも多くの先輩ママさん達は妊娠期の歯磨きを乗り越えてきました。
そんな先輩ママさん達がどうやって乗り越えてきたのか、こちらも併せてご紹介します。
辛いのは貴女だけではありません。
辛い時期も一人で苦しまず、色んなアドバイスを参考に楽しんでみてください。

おすすめリンク

信頼できる新橋の歯科医院

新橋の歯科医院は患者からも信頼が厚く、診察希望者が続出!優しい医師と丁寧な治療が高評価の理由。

つわりの時期でも歯磨きできる方法とは

つわりが苦しくて歯磨きできない場合には、今使っている歯ブラシやフロスを変えてみるというのはどうでしょう。歯磨きの際に、どんな動きが影響してえずいてしまうのか、それによって普段使うアイテムを変えてみるのも効果的です。 とくに歯ブラシやフロスについて注目してみます。

タブレットやマウスウオッシュを活用

お口の中に歯ブラシを入れるだけでもダメ。そんなときもあるでしょう。とはいえ、妊娠中は虫歯になりやすいリスクも高くなりがちです。お口の健康も守りたいけれど、つわりによるえずきを避けたい方も多いもの。 そんな妊婦さんには無理なく洗浄できるアイテムをご紹介します。

先人たちも活用した方法とは

実は、歯磨きの際につわりが影響してしまうというのは、以前から多くの方が悩まれていたことでもあります。先人たちはどんな方法でこの悩みを克服してきたのでしょうか。 これまで妊娠の際のつわりで歯磨きに苦しんできた先人たちが乗り越えてきた方法についてもご紹介します。